チャンピックスの飲み方

チャンピックスの飲み方

チャンピックスをはじめて3日目までの飲み方

チャンピックスは禁煙補助のための飲み薬として、かなり多くの人達から注目されています。鉄鋼や節約のために禁煙したいと思っている人は、多くチャンピックスの需要もかなり増えているということが言えるでしょう。

初日から3日目までは、しっかりとの見方が決まっているのでその点についてしっかりと理解しておくことは重要です。まず、3日までチャンピックスのスターターパックを使い服用を始めて行きます。3日目までは、喫煙したい欲求で0.5mg錠を一日一回だけ服用していくような形になります。

朝でも夜でも問題はありませんが、食後に水と一緒に飲むようにすると非常に効果が高まります。効果の戦う回り方は、3倍から4倍と言われておりましてニコチンパッチよりもはるかに効果が高いということが、言われているのです。

チャンピックスが届いたら広げてみると、青色と緑色に分かれて錠剤が入っていることが確認できます。その青色部分にある1から3の錠剤、飲むようにしていけばOKです。禁煙に入る準備期間なのでこの時期は衰退だけ、タバコは吸って大丈夫です。

少しずつ禁煙を意識しながらちょっと我慢してみようという、気持ちを持ちながら成功につなげていくことが重要ということが言えるでしょう。禁煙したい、欲求を無理に抑える必要はなく日中しっかりと飲み方を守って飲めば大丈夫です。

チャンピックスをはじめて4日目から7日目までの飲み方

4日目から7日目まで入ってくるとチャンピックスの0.5mg錠を、朝食後と夕食後1日2回飲むようになっていきます。この7日間取り組んだことによって、かなり減らせているのではないでしょうか。

飲み方は1日2回で朝と夜の食事の後に水と一緒に、服用しましょう。パッケージの中で青色の下の部分にある部分を飲めば問題ありません。禁煙の予備期間ということでタバコ吸ったからといって問題にはなりません。

絶対吸ってはいけないというわけではないですが、少しずつ距離を置いて行くように、していきましょう。吸いたくないのに吸ったりするようなことを避けることが、重要になってくるのです。

飲み方は大体朝起きてから朝食を食べると思います。しかし、その朝食を食べた後に水を飲みつつ、0.5mg錠をしっかりと飲めば問題ありません。

実際、薬はまだ0.5mg錠なので、それほど効果は強力ではないので吸いたいという面もあるかもしれません。

この7日間は薬との慣れ方やタバコとの離れ方を学んでいく期間ということがいえます。

チャンピックスをはじめて8日目以降の飲み方

8日目以降になるといよいよ1mg錠を使って、毎日1日2回飲むようになっていきます。朝食後と夕食後に水と一緒に飲んでいけばOKです。

チャンピックスを1MGにした、ということは何を意味するかと言うとこれが人間の始まりです。これから12週目まで行っていくことが重要になっていきます。その間タバコを一本も、吸わないようにしていくことになります。

15日目以降メンテナンスパックを使用しながら、チャンピックスを服用していくようになりますが8日目から14日目までと全く違いはありません。1日2回朝食後と夕食後に水と一緒に服用するだけで十分です。

もし、飲み忘れてしまったような時には、すぐに1錠服用します。次の服用までの時間が短い時には、2錠飲むことはやめておきましょう。例えば、朝食後の飲み忘れて、5時から6時頃に気付いたような時の話です。夕食が8時であれば夕食後に1錠飲むだけで問題ありません。

8日目以降になると1回1錠
、完全にタバコ吸うことやめるわけになりますがなかなかどうしても吸いたいというような時があります。

喫煙することが習慣になってしまっている場合は、吸いたい気持ちになります。それをできるだけ打ち消すようにしながら行っていけば大丈夫でしょう。