チャンピックスの副作用であらわれる症状

チャンピックスの副作用であらわれる症状

チャンピックスの副作用は吐き気や便秘!さらには精神系症状が多い

チャンピックスは、脳に働きかけることで、煙草を吸いたい気持ちをおさえる、禁煙補助薬です。

医薬品に副作用はつきものですが、チャンピックスにも副作用があります。

吐き気や便秘といった症状だけではありません。うつ病などの精神系の症状に、睡眠中の異常な夢や睡眠障害もあるのです。また、眠気が強くなる場合もあります。

一般的に出やすい副作用は、吐き気です。他には、不眠や頭痛と膨満感、そして便秘や皮膚の赤みなどが挙げられます。

更に上気道感染と気管支炎や、食欲不振と食欲亢進もあります。これらの副作用は発症しやすいと考えるのが無難です。

他にも、水に対する渇望や不安感、抑うつなどがあります。うつ病患者が投与を受ける場合は、症状が悪化しないようにしましょう。

他に確認されている症状の数は多いです。しかし、主な症状を除いて発症率は高くありません。観察しながら状態に合わせて服用量を調整しましょう。

高齢者や持病がある人は注意が必要です。健常者よりも副作用が出やすい傾向があります。服用をして、あまりにも副作用が強いようなら、一旦服用を中止して、医師に相談しましょう。

ニコチン離脱症状はチャンピックスの副作用ではない!離脱症状は時間が経てば弱まる

ニコチン離脱症状とは、脳がニコチンを求める一種の禁断症状です。喫煙を中断した場合にイライラや不眠などが生じます。

加えて、ニコチンには脂肪を溜まりにくくする抗肥満作用があります。したがって、喫煙をやめると急に太ったりします。

禁断症状は、時間の経過と共に弱まります。それでも強い症状が3週間ほど継続するので、禁煙できずに再び吸い始めてしまう人が多いです。

チャンピックスは、このニコチン離脱症状を和らげる薬で、強いイライラ感や不眠などの症状を抑えてくれます。

禁煙時の肥満に関しては、野菜を摂取し、良く噛んで満腹感を高めるのがおすすめです。

間食もまた肥満に繋がり、禁煙中に口寂しくなっても、ガムを噛んでごまかしましょう。

離脱症状は、不安感と集中力の低下やふらつきに、疲労感や頭痛と咳き込みなどがあします。こういった症状は、少なからず日常生活に支障が出ます。

肩こりや便秘も良くある症状なので、自分の意志だけで禁煙するのは難しいことだと分かります。

チャンピックスは、我慢のハードルを下げてくれるので、禁煙の心強い味方になります。

チャンピックスは精神疾患や精神症状を悪化させることがある

チャンピックスは精神症状を悪化させることがあります。

詳しく話すと、精神疾患がある患者は、チャンピックスの服用により精神症状が悪化させるのです。主に、統合失調症や双極性障害と並び、うつ病を悪化させると言います。

治療が不可能になる禁忌というわけではありませんが、禁煙外来の治療難易度は高まります。いわゆるニコチンパッチも、精神疾患の既往歴がある人には向きません。これをチャンピックスの代わりにするのは困難です。

しかし、統合失調症やうつ病などの精神疾患があっても症状が安定していると判断されれば、ニコチン置換療法で治療できます。精神状態が不安定な人は、ニコチン置換療法を検討してみる余地はあります。

いずれにしても、チャンピックスの服用には、慎重な判断が求められます。必ず医師に相談して処方の判断を受けましょう。独断でチャンピックスやニコチンパッチを使用すると、統合失調症やうつ病の症状が悪化しかねません。精神疾患の既往歴があれば、注意が必要です。

精神疾患の既往歴がある人は、医師と話し合って禁煙方法を検討する必要があります。