チャンピックスが保険適用になる条件は?

処方箋と医薬品

チャンピックスを保険適用で処方してもらうには一定の条件を満たし必要がある

禁煙外来とは、ニコチン依存症管理料の施設基準の届け出を出している外来のことです。禁断症状に悩まされて一度チャレンジしたけれどだめだったという人が受診します。医師が診断した上で主に投薬を行い禁煙に取り組んでいくことができるのです。

しかし、保険が適用される条件というのが存在します。一定の条件を満たしていれば3割負担での保険適用もされます。

ニコチン依存症のテストが5点以上、35歳以上の方に関しては、1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた数を算出します。その数値が200を超えている必要があるのです。また、ただちに禁煙を始めたいと思っていないといけません。

さらに、禁煙治療を受ける事を文書で同意しているという事があげられます。これらの一定の条件をクリアしている方に関しては、保険を使った禁煙外来での処方を受けていくことができるのです。

ニコチン依存症のテストは、ネットなどでも掲載されています。受診をする前に試してみるという事も可能です。喫煙歴が長かったり依存が強かったりする人は、自分の意志だけでは禁煙することが難しいです。チャンピックスを利用してみてはいかがでしょうか?

チャンピックスで保険が適用されるにはブリンクマン指数とニチコン依存症の判定テストが必要

チャンピックスは、しばしば禁煙外来で処方されます。
しかし、保険が適用されるためには4つの条件をクリアする必要があります。当てはまるかどうか確認をしてみましょう。まず、ブリンクマン指数が200をこえているということが挙げられます。

ブリンクマン指数は、1日の喫煙本数かける喫煙年数の数です。続いて禁煙への覚悟がなければなりませんし、それを文書で同意することが必要です。意志の確認もきちんと行われ、そこで今すぐに禁煙をしたいという意志の確認を行っていきます。

さらにニコチン依存症の判定テスト(スクリーングテスト)を受けて、ニコチン依存症であると判定された場合となります。

これらの条件をクリアしていればチャンピックスは保険適用されます。

もしどれか1つでも当てはまらない場合には、自費治療となってしまいます。自費の場合、医療費は高額です。自分で禁煙したいと思っていても禁煙できないと思っている方の多くは依存症である可能性もあります。薬の力を使って禁煙することは、精神的なストレスの負担も少なく受けられるのでオススメです。

チャンピックスで保険が適用されるにはブリンクマン指数とニチコン依存症の判定テストが必要

一定の条件を満たしていたとしても、保険が適応されないケースも有ります。禁煙に失敗してしまった場合、保険再算定が行われます。この期間が約9か月ということになります。

1年経過をして再受診となると保険は適用されなくなってしまいます。1年以内に再度チャレンジする気持ちが必要となるのです。禁煙治療に失敗しまった方の多くは、最後まで通えずに途中で断念してしまいます。薬を飲み忘れたり飲んでいても、幻覚が見えるなどの症状が出てやめてしまう事もあるからです。

また、条件を満たしていたとしても、再受診の際は、1年経過していないと、保険を使った禁煙治療は受けられません。そして、意志の確認やテストなども受け直す事になります。

依存症となっている場合、意志だけで禁煙をするのは難しいとも言われています。チャンピックスなどの薬を使用していく事で禁煙していく方法は有効です。多くの方は禁煙外来を受診して成功しています。
禁煙したいという気持ちがあるのであれば、禁煙外来を訪れてみてはいかがでしょうか?