チャンピックスを入手する2つの方法

チャンピックスを入手する2つの方法

チャンピックスを病院で入手するための条件

チャンピックスは、禁煙治療を行っている病院やクリニックなら、健康保険が適用された値段で入手できます。ただし、病院で「健康雨保険が適用」されるには、いくつかの条件があるので注意が必要です。

1つ目は、ニコチン依存度テストです。

ニコチン異常という形で診断される必要があります。それからすぐに禁煙を始めるという、強い気持ちがあることも必要です。

2つ目は、1日の喫煙本数と喫煙年数をかけた値が、200以上でなければいけません。

喫煙の度合いを示す数値を、ブリンクマン指数と言います。1日20本吸う人でも。10年以上の喫煙歴がなければ、チャンピックスは病院で処方されません。

3つ目は、禁煙治療への同意です。チャンピックスを処方してもらう病院で、禁煙治療への参加と同意書にサインをします。禁煙外来の治療を受けるには、書面で同意、署名して提出することが必要になります。

面倒な手間に感じる3つの条件をクリアしてはじめて、チャンピックスが保険適用で処方されるのです。条件が満たせないと、保険を使わずに自費で買う、という形をとらなければいけなくなってしまうのです。

保険適用で診療や治療を始めても禁煙に上手くいかない場合は、初診日から1年間は、保険が効きません。再開する場合は自費で禁煙外来に通ってチャンピックス錠を処方してもらわなければいけなくなるのです。

一般的な通販サイトでは取扱なし

チャンピックスが通販で買えたらとても楽チンです。病院で処方してもらうより安く済ませることができます。

通常なら、ドラッグストアでは買えませんし、Amazonや楽天といった、通販サイトでも買うことはできません。チャンピックスは医薬品であるため、国内では病院やクリニックで処方してもらわなければいけません。

チャンピックス購入費用の他に病院へ行くと診察料や治療費もかかりますし定期的に通わなければいけないというのも難点です。

お金や時間が何かとかかってしまい、かなり難しいと言えるでしょう。もしもAmazonや楽天などの通販で購入できればとても楽ですが、なかなかそうもいかないのです。しかも病院へ行った場合は診察日などはかかり、制限が高く決まっています。なかなかそう簡単に禁煙外来から買うことはできません。

お医者さんと二人三脚で治療に取り掛かれるという点はメリットではあります。様々な時間やお金のリスクを考えると賢明な方法ではないと言えるでしょう。しかしながら、個人輸入という形でしたら手軽に買うことができないこともないのです。

チャンピックスは通販(個人輸入)で入手できる

チャンピックスは、個人輸入で買うことができます。個人輸入とは、海外の医薬品やサプリメントを、個人で独自に輸入することを指します。

本来、個人でチャンピックスを輸入をしようとすれば、様々な手続きなどが必要です。おすすめしたいのは、個人輸入を代行してくれる業者の活用です。

個人輸入を代行してくれる会社のWebサイトで、チャンピックスが注文できます。処方せんも必要ありません。通販サイトと同じような手続きで、簡単にチャンピックスを手に入れることができるのです。

もちろん、個人で医薬品を輸入することは合法です。厚生労働省のホームページの記載でも、個人輸入は認められています。海外から輸入という形で購入することによって、通販サイトと同じような形で、安い値段で購入できるのです。

一見すると難しそうにも見えますが、楽天やアマゾンを使うような流れでチャンピックスを買えます。輸入代行サイトに行きそのチャンピックスをカートに入れて購入手続きをすれば良いのです。

偽物などにあった場合も自己責任となってしまうので、安心感のあるサイトを選ぶようにするとよいでしょう。そのような信頼性の高い個人輸入サイトはいくつかあるので、しっかりと調べ探してみると良いでしょう。