チャンピックスとお酒の相性

チャンピックスとお酒の相性

チャンピックスとアルコールは相性が悪い

チャンピックスを飲むとアルコールに弱くなるのか、お酒好きな人にとっては気になります。米国食品医薬品局の発表などを参考にするとその不安は払拭できます。

普段からお酒をたしなみ喫煙をする人は、その相性の良さに快感を覚えてやめられなくなります。そのため、チャンピックスを服用しながらの飲酒はあまり良いとは言えません。

アメリカ食品医薬品局よりの発表としても、副作用の重篤事例などを公表していますし、アルコール摂取後の攻撃的な反応や健忘も問題視される部分です。

重篤副作用件数として米国FDAが調査をした中でも、チャンピックスによる件数はワースト1位です。最も危険性があるのは服用者の意識喪失になります。アルコール耐性ができてくるので飲酒をしても良いにくくなり、お酒の量が増えることもあるので要注意です。

大人の楽しみとして許された飲酒は、ストレス解消や仲間との楽しい時間を提供してくれます。しかし、チャンピックスを飲むことで、アルコールとの相性として効果が薄れてしまっては損です。

チャンピックスは、禁煙を成功させるためのサポートで使うお薬です。お酒を飲んでしまうと気持ちも大きくなってしまい、煙草に手を出すこともあります。アルコールは基本的に、喫煙の成功確率を下げることにもなるので要注意です。

禁酒する、またはアルコール摂取量を減らす

チャンピックス服用の際は禁酒をするか、または摂取量を減らしたほうが無難です。禁煙とアルコールの相性の悪さは抜群であり、禁煙の天敵ともいえる行動になります。

開始1日目から3日目はチャンピックスを0.5mgを夕食後に1錠飲むのです。4日から7日目には朝食後と夕食後に1錠ずつ飲みます。8日目以降は、朝食後と夕食後にそれぞれ1錠ずつ飲むのがやり方です。飲酒をしながらの服用により味覚異常を感じるようになるなど、失敗を招く要因がアルコールにはあります。

禁煙を助けるための治療薬となるのがチャンピックスです。煙草を口にした際に感じるおいしいと言った快感を感じにくくするのも特徴になります。煙草を我慢している時に一服したとしても、お薬の作用でおいしさを感じにくくなるのです。

治療薬を飲むのは永久ではなく一時的なものであり、12週間が基本の禁煙治療期間です。途中で自己判断で治療を中断したり、アルコールを好きなだけ飲んでしまうと、順調であった禁煙は失敗をしやすくなります。

最後まで治療を続けることで、成功へ近づいていきますので、その期間だけは好きなアルコールも我慢です。ずっと飲めないわけではなく、禁煙さえ成功させたらまた飲酒をすることができます。

チャンピックスはアルコール依存症にも治療効果がある

チャンピックスとアルコール依存症の関係は何なのでしょうか?アメリカで発表されたチャンピックスのアルコール依存症への効果についても知っておくと安心です。

チャンピックスは、アルコール依存症にも効果があることが、アメリカの研究でわかっています。1週間のうち大量飲酒する日が平均で10.4%減ったのです。

しかし、アルコールとチャンピックスの併行は、危険視されているので、そもそも併用すべきではないのです。

脳内に存在をするニコチン性アセチルコリン受容体に、ニコチンが働きかけることで、ドパミンの放出は促されます。もしもアルコールの摂取をしてしまうと、その効果は減るばかりです。

アルコールとチャンピックスの相互作用など、アメリカFDAからも警告がされています。併用をすることにより通常よりもアルコールに対して弱くなります。さらに、記憶喪失や攻撃的行動の酩酊作用が強まるリスクがあるのも問題です。

これまでの発表でも服用による副作用はゼロではありません。眠気を感じたりめまいが起きたり、場合によってが意識障害を招くこともあるとされていました。

したがって、チャンピックスを飲んだ後に自動車を服用者が運転をすることは控えることも必要です。仕事で危険と隣り合わせの機械を操作することにも、服用者は制限をされていました。

ほかにもお薬の成分によって、痙攣を発症することもあるということも判明しています。いつもよりアルコールには弱くなるので、禁煙を成功をさせるまでは禁酒をするのが無難です。