チャンピックスとは?チャンピックスの概要

チャンピックスとは

チャンピックスはニコチン依存症の治療薬!禁煙治療に有効

チャンピックスとはバレニクリン酸酒石酸塩を配合している医薬品です。ニコチン依存症などに効果を持つ国内初の薬として開発されました。

煙草を吸っているとそこに含まれるニコチンの作用により、どんどん吸いたくなってしまいます。その気持ちを抑えようとするとストレスが溜まってしまったり、気づかないうちに吸ってしまったりするのです。

「煙草を吸いたい」という衝動は、ニコチン依存症の症状であり、発症すると独力で治すことは困難です。そこでファイザーではチャンピックスという禁煙補助薬を作りました。チャンピックスによって、たばこをやめられずに苦しむ患者を救えるのです。

ニコチン依存症と聞くと、患者のやめようという意思が弱いのでは?と誤解されてしまうこともあります。

しかし、実際には心の問題ではないことも多いです。依存すると自動的に欲する成分が含まれています。その症状を根本的に解決するのがチャンピックスです。ニコチンの影響を抑えることができるので高い治療効果があるとされます。

もちろん、薬を使用していれば問答無用で依存症が治るということではないものの、自分の意思だけで行うよりも格段に高い治療効果が得られるのです。

チャンピックスはニコチンが配合されていない新しい禁煙治療薬

チャンピックスの登場以前、ニコチン依存症の治療には、ニコチン製剤禁煙薬と呼ばれる医薬品が使われていました。医薬品にもニコチンを配合することで、煙草以外の方法でニコチン受容体を満たすことにより、煙草への依症から回復させます。

ニコチン製剤禁煙薬の代表的な薬が、ニコチンガムやニコチンパッチです。ニコチン受容体を先に埋めることによって、ニコチンが足りていると体に錯覚させるのです。確かに、この方法を用いれば、たばこを吸いたいという気持ちを一時的には抑えることができます。しかし、薬を飲むこと自体がニコチン依存を深めてしまうという問題点もありました。

そこで、開発されたのがチャンピックスです。チャンピックスにはニコチンが配合されていないので、このような問題は起こりません。ニコチンと体を切り離すことができます。

そのため、チャンピックスを使って治療するとそれ以外の薬を使用した場合より、再発の可能性が低くなっています。依存症において再発の問題は深刻であるため、もちろん油断することはできません。

禁煙治療にチャンピックスを使用することで、患者さんの精神的な負担を減らすことができます。周りの家族が迷惑を受ける可能性も低いといえるでしょう。

チャンピックスはニコチン依存症と診断された場合にのみ使用可能!

チャンピックスはニコチン依存症には効果を発揮します。それ以外の理由でたばこがやめられない場合にはそれほど効果を発揮しません。

無駄に薬を使い続けることのないようにチェックを行っておくことが重要です。そのために行われるのがスクリーニングテストと呼ばれています。

スクリーニングテストでは、特定の成分を摂取した際にα4β2ニコチン受容体がどう反応するかについてチェックします。ニコチン依存症の場合は反応が特殊なものになるのである程度分かります。

このテストは禁煙外来において受けることができます。一度ニコチン依存症になると、身体がニコチンを必要なものと勘違いします。これは頭で考えてのことではありません。

脳がニコチンを必要なものと考えているのであれば、意識を変えることで治せます。ニコチンの依存症の場合は、ドパミンにより体が欲してしまっているので意識だけではどうにもならないことが多いです。今の日本では、成人がたばこを手に入れることは難しくありません。

一人で禁煙に成功する方が少ないのはそのことも関係しています。依存症は、1つの病気なので適切な治療を受けることが大切です。そのためにはチャンピックスを使用することも1つの手といえるでしょう。