チャンピックスとはニコチンが入っていない禁煙治療薬

チャンピックスとはニコチンが入っていない禁煙治療薬

チャンピックスは、ニコチン依存症の治療薬です。ニコチンが配合されていない新しいタイプの薬で、ニコチン依存症と診断された人のみ処方されます。

チャンピックスはニコチン依存症の治療薬!禁煙治療に有効

チャンピックスとは、バレニクリン酸酒石酸塩を配合している禁煙治療薬です。ニコチン依存症に効果的な薬として開発されました。

煙草を吸っていると、ニコチンの作用により、どんどん吸いたくなってしまいます。これがニコチン依存症です。

「煙草を吸いたい」という衝動は、ニコチン依存症の症状であり、発症すると独力で治すことは困難です。そこでファイザーではチャンピックスという禁煙補助薬を作りました。チャンピックスは、ニコチンが含有されておらず、なお且つ離脱症状を軽減します。

もう何回も禁煙に失敗してるんだ…俺の意思が弱いのが原因なのか…?
それは違うぞ!ニコチン依存症は病気なのだ。気合だけで乗り切れるものでもない!

ニコチンに依存すると、自動的に欲する成分が含まれています。薬物に近い症状と言えるでしょう。その症状を根本的に解決するのがチャンピックスです。ニコチンの影響を抑えることができるので高い治療効果があるとされます。

もちろん、薬を使用していれば問答無用で依存症が治るわけではありません。自分の意思だけで行うよりも格段に高い治療効果が得られるのです。

チャンピックスはニコチンが配合されていない新しい禁煙治療薬

チャンピックスは、ニコチンが配合されていない禁煙治療薬です。

チャンピックスの登場以前、ニコチン依存症の治療には、ニコチン製剤禁煙薬が使われていました。医薬品にもニコチンを配合することで、煙草以外の方法でニコチン受容体を満たすことにより、禁煙していたのです。

ニコチン製剤禁煙薬は、ニコチンガムやニコチンパッチなどが挙げられます。ニコチン受容体を先に埋めることによって、ニコチンが足りていると体に錯覚させるのです。確かに、この方法を用いれば、喫煙欲求は抑えることができます。しかし、ニコチン製剤にも問題点がありました。

なんでニコチン製剤の問題点?なんだそれは?
ニコチン製剤を使うこと自体がニコチン依存を深めてしまうんだ
逆効果じゃないか…!

そこで、開発されたのがチャンピックスです。チャンピックスにはニコチンが配合されていないので、ニコチン依存症の悪化は生じません。ニコチンと体を切り離すことができます。

そのため、チャンピックスを使って治療するとそれ以外の薬を使用した場合より、再発の可能性が低くなっています。依存症において再発の問題は深刻であるため、もちろん油断することはできません。

禁煙治療にチャンピックスを使用することで、患者さんの精神的な負担を減らすことができます。周りの家族が迷惑を受ける可能性も低いといえるでしょう。

チャンピックスはニコチン依存症と診断された場合にのみ使用可能!

チャンピックスはニコチン依存症には効果を発揮します。

チャンピックスを使用するには、ニコチン依存症のスクリーニングテストを行わなければなりません

スクリーニングテストでは、特定の成分を摂取した際にα4β2ニコチン受容体がどう反応するかについてチェックします。ニコチン依存症の場合は反応が特殊なものになるのである程度分かるのです。

このテストは禁煙外来において受けることができます。一度ニコチン依存症になると、身体がニコチンを必要なものと勘違いします。これは頭で考えているわけではありません。

脳がニコチンを必要なものと考えているのであれば、意識を変えることで治せます。しかし、ニコチンの依存症の場合は、ドパミンにより体が欲してしまっているので、意識だけではどうにもなりません。我慢するしないの問題ではなく、できないのです。

ニコチンはそれだけ依存率が高く、強い。1人の意思だけではどうにもならないことがある。そんな時は薬を頼っていいんだ

一人で禁煙に成功する方が少ないのはそのことも関係しています。依存症は、1つの病気なので適切な治療を受けることが大切です。そのためにはチャンピックスを使用することも1つの手といえるでしょう。