賢い選択!チャンピックスの通販ではじめる禁煙治療

チャンピックス通販のメリットを紹介する医師

禁煙薬・チャンピックスの購入は「禁煙外来」か「通販」の2択

お医者さんの禁煙治療でおなじみの禁煙補助薬・チャンピックス。チャンピックスを入手する方法は、病院で専門の禁煙外来を受診して処方を受けるか、海外版のチャンピックスを通販で購入するか、ふたつあります。

チャンピックスを病院で入手するには条件がたくさん

チャンピックスによる禁煙治療は、病院の禁煙外来で受け付けています。通常であれば健康保険が適用されるため、わたしたちが支払う費用は一般的には3割負担です。

しかし、健康保険が適用されるには条件があります。単に「チャンピックスで禁煙したい」と希望しただけでは、保険は適用されません。

まず、1つ目はニコチン依存度テストです。あなた自身が「ニコチン依存症」という疾患(病気)だと診断される必要があります。それからすぐに禁煙を始めるという、強い気持ちがあることも必要です。

また、1日の喫煙本数と喫煙年数が200以上で、なければいけません。これはブリンクマン指数と呼ばれる、喫煙の依存度をはかる指標です。1日20本吸う人でも10年以上の、喫煙歴がなければチャンピックスは病院で即日処方されていません。

また、禁煙治療への参加同意書に、しっかり同意して署名して提出することも必要になります。それから喫煙本数や喫煙歴があまり長くないような場合は、薬に頼るのではなく、自力でやめるということになります。

あるいは、保険を使わずに自費で買うという形をとらなければいけなくなってしまうのです。保険適用で診療や治療を始めても禁煙に上手くいかない場合は、初診日から1年間は、保険が効きません。再開する場合は自費で禁煙外来に通ってチャンピックス錠を処方してもらわなければいけなくなるのです。

チャンピックスはAmazonや楽天では通販できない

チャンピックスは通販でもしも変えれば、とても楽で病院で処方してもらうより安く済ませることができのではないかと思うかと思います。しかしながら、チャンピックスは禁煙補助医薬品であるため病院やクリニックで処方してもらわなければいけません。

もちろんドラッグストアなどの市販では買えません。Amazonや楽天といった通販サイトでも買うことはできません。安全面でかなり厳しい状態になっているのです。何かとお金や時間がかかってしまい、かなり難しいと言えるでしょう。もしもAmazonや楽天などの通販で購入できればとても楽ですが、なかなかそうもいきません。

病院で処方してもらおうとすると、チャンピックスの購入費用の他に診察料や治療費もかかります。定期的に通わなければいけないというのも難点です。保険が適用される条件が多数設けられています。禁煙外来で簡単に処方してもらうことも難しいのです。もちろん病院で治療すれば、お医者さんと二人三脚で禁煙治療に取り掛かれるという点はメリットではあります。しかし、様々な時間やお金のリスクを考えると賢明な方法ではないと言えるでしょう。

そこで紹介したいのが、一見すると通販のように簡単な「個人輸入」という購入方法です。

個人輸入を使えば通販と同じように購入できる

チャンピックスは、個人輸入で買うことができます。個人輸入とは、海外の医薬品やサプリメント個人を代行して輸入をしてくれるような形のサービスです。

本来なら、チャンピックスを個人で輸入しようとしたら、様々な手続きが必要です。しかし、いまは個人輸入代行サービスというものがあり、業者が代わりに輸入の諸手続きを行ってくれます。もちろん、個人で医薬品を輸入する行為は違法ではありません。厚生労働省のホームページでも、輸入行為は認められています。

個人輸入と聞くと、一見すると難しそうにも見えますが、楽天やAmazonを使うような流れで、チャンピックスが購入できます。輸入代行サイトにアクセスして、チャンピックスをカートに入れて購入手続きをするだけです。

ただし、個人で輸入した医薬品は、使用して何があっても自己責任です。偽物を購入してしまった場合も自己責任となってしまうのです。購入前に口コミなどを調べて、安心感のあるサイトを選ぶようにするとよいでしょう。運営歴の長い、信頼性の高い個人輸入サイトはいくつかあります。しっかりと調べ探してみると良いでしょう。

チャンピックを個人輸入代行で入手する具体的な方法

いつでも、どこでも、だれでも注文可能なチャンピックスの通販。「海外から購入する」と聞くとむずかしそうな印象を受けますが、実際はどうなのでしょうか?

通販=個人輸入の具体的な方法を紹介します。

チャンピックスの通販=個人輸入を代行してくれるサービス

世界中には優れた医薬品が数多く存在しています。その多くは、厚生労働省の認可を受けなければ日本国内で販売できません。

しかし、合法的に購入できる手段として、個人輸入があります。

医薬品の個人輸入とは、購入者が海外に渡航して現地のドラッグストアなどで医薬品を購入し、日本国内に持ち込むことを指します。

しかし、言葉の問題が障壁としてあります。購入したり航空機へ搭乗したりする際に必要な手続きは、現地の言葉で話したり書類を提出したりしなければならないからです。

それらの諸問題を一気に解決してくれるのが、インターネットの個人輸入代行業者です。

ユーザーは、一般的なオンラインショッピングを利用すような感覚で、商品を注文するだけで購入できるのです。それ以外の手続きは個人輸入代行業者がやってくれます。

多くの個人輸入代行業者は、日本国内の宅配事業者と提携しているか、日本法人を持つ海外の宅配事業者を利用しています。事業者の公式ホームページの荷物追跡フォームに受付番号を入力すれば、その時点で荷物がどこに存在しているのかを問い合わせることができるのです。

チャンピックスの通販を安全に行うための買い方

チャンピックスは、通販で入手できます。個人輸入という形であれば、合法的に購入することが許されているのです。

医薬品を必要としている方にとって、個人輸入代行業者を利用すると言う方法は、合法的に購入できる貴重な手段となっています。例えば、欲しい薬剤が国内にない場合などで、個人輸入が有効です。また、個人輸入では国内よりも安く出医薬品を購入できます。医薬品のコストを下げたい人にとっても有効なのです。

ただし、法律ではあくまでもその医薬品を入手する目的は購入者自身が使用するために限定されています。また、あまりにも1度に購入する数量や金額が多い場合も、購入できません。転売や販売のための仕入れと見なされた場合は税関で没収されるからです。

一般的には医薬品であれば、1箱程度ならまず問題ありません。多くても約1か月分程度をまとめて購入する程度であれば、没収されたり関税がかかる心配はありません。

また、継続的に服用しなければならない薬剤の場合は、3か月分購入できます。まとめ買いで購入できる分程度であれば、問題ないと考えておきましょう。

チャンピックを通販で買うにはどうするの?

個人輸入と言っても難しいことはありません。個人輸入代行サイトから一般的なオンライン通販サイトを利用するかのように、商品を注文するだけです。

多くの個人輸入輸入代行サイトは、海外に拠点を置いています。英字表記のサイトが用意されているケースもあります。ほとんどのケースではアクセスした端末のOSなどの言語ロケールが自動判定され、日本語表記のホームページが表示されるのです。

海外版のチャンピックスを購入するには、商品検索などで見つけて購入したい数量を設定してからカートに入れて、注文するだけです。購入手続きに入ったら氏名やお届け先の住所など必要事項を入力すれば注文が完了します。

到着までの日数は、その個人輸入輸入代行サイトが拠点を置いている国にもよります。概ね1週間から2週間程度が目安です。

多くの日本人顧客向けのサービスでは、日本国内の宅配便や郵便局、日本法人を置く海外の運送会社などを利用しています。日本語表記のホームページで受付番号を入力すれば現在どこに荷物が存在するのかを調べることも可能です。

ごく稀に関税が発生することがあります。その時は宅配便のドライバーが出納代行を行うので商品を受け取るのと同時に現金で支払います。自身で使用する範囲では滅多に関税は発生しないので原則として気にする必要はありません。

チャンピックスの価格は?入手経路別に解説!

具体的に病院と通販で差額はいくら?禁煙外来でチャンピックスの処方を受ける費用、通販でチャンピックスを購入する費用を比較してみましょう。

チャンピックスを保険適用で購入するといくらぐらいかかる?

タバコを何とかしてやめたい場合、自力で実現できそうにないなら禁煙外来を受診する方法もあります。チャンピックスを保険適用で購入した場合には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

病院では、診察料、ニコチン依存症管理料、処方せん料、初診料、再診料が合わさって請求されます。保険適用で3割負担の場合、12週間で6,040円、保険薬局での調剤料と禁煙補助薬の値段が13,620円かかります。禁煙治療を禁煙外来で受けた場合、20,000円弱はかかると考えて良いでしょう。

専門医のサポートが受けられるので、禁煙をできるだけスムーズに目指せるメリットがあります。喫煙は、自力で成功させられる確率が20%とかなり低いため、挫折してしまい再び喫煙してしまうケースが多くなっています。禁煙外来ならチャンピックスにより適切な指導を医師から受けられます。禁煙をできるだけ負担なく目指せるのが特徴です。

費用も、12週間で2万円弱なので4週毎で見れば、約6,000円で治療を受けられるので経済的な負担もできるだけ抑えることもできます。

禁煙外来なら自力では難しい禁煙をできるだけ負担なく導いてくれるのが魅力です。これまで禁煙に挑戦しても成功できなかった方も受診してみる価値が充分あります。

チャンピックスを自費で購入するといくらぐらいかかる?

禁煙外来で、チャンピックスによる治療を受けられるのが12週までです。それが経過するまでと条件が決められています。条件を満たさなかった場合には、自費診療になってしまうのです。

また、最寄りに禁煙の治療施設として認められている病院があるとも限りません。高価な呼気一酸化炭素測定器を設備として導入しなければならないことや、医療スタッフの雇用も最低限必要です。病院の経営面から見ても容易くないなのです。

禁煙外来を受診するメリットは禁煙を希望している喫煙者にあるのは確かです。薬代だけではなく診察料、ニコチン依存症管理料、処方せん料を併せて12週間分の料金を自費診療であれば6万円もかかってしまいます。高額な費用がかかってしまうことがネックで、禁煙をあきらめざるを得ない方もいるのは確かです。

保険適用された場合でも、12週間以降には自費になります。金銭的な負担の大きさはある程度、把握しておかなければなりません。禁煙を目指すためには、気軽に継続できる金銭的な余裕があるかどうかも大切です。あらかじめ考えた上で治療を受ける必要があると考えておいた方が無難でしょう。

チャンピックスを通販で購入するといくらぐらいかかる?

禁煙の救世主であるチャンピックスですが、禁煙外来を利用しなくても入手する方法が実はあります。個人輸入代行サイトを利用すれば、それを可能にしてくれます。

メンテナンスパックとスターターパックを合わせたチャンピックス禁煙フルパックなら、最安値のオオサカ堂なら10,000円を切る価格で購入できます。また、初めて利用する方には、スターターパックも購入できるのです。こちらもオオサカ堂なら5,000円弱で入手できます。オオサカ堂だと送料無料の対応ができるので、安心して購入することもできるのです。

さらに、まとめ買い割を利用すれば、さらにお安くチャンピックスを入手できるので安心して禁煙を目指せるようになるでしょう。個人輸入はとても難しいものだと思われがちです。しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば、手軽に禁煙への道も開けてくるようになります。

禁煙外来での治療では、保険適用になったとしても12週間で2万弱はかかってしまうのです。考え方次第ですが、必要なチャンピックスだけ入手したい方には代行サービスを利用するのもおすすめです。たとえば、禁煙外来でも挫折してしまった人、最寄りで禁煙外来へ通えない人に向いているでしょう。また、できるだけコストを抑えて禁煙を目指したい人にも、チャンピックスを通販で入手する方法が向いていると言えます。

チャンピックスを通販で買うメリットとデメリットは?

価格の安さが魅力のチャンピックスの通販。特に、禁煙外来の禁煙治療に失敗した方は、再チャレンジしたくても高額な治療費用が負担になります。そんな時こそ、通販を選択することをおすすめします。

チャンピックスを個人輸入代行サイトで買うメリットは?

チャンピックスを個人輸入代行サイトで購入するメリットは、なんと言っても価格が安いということにつきます。

チャンピックスを入手するには、クリニックへ行って処方してもらうのが最も一般的な方法です。そうすると、だいたい3ヶ月12週間の自由診療で5万円から7万円くらいの料金がかかってしまいます。しかも、クリニックに通う交通費なども発生しますし、時間も取られてしまいます。12週間で治療が完了しなかった場合は、さらに料金がかかることもあるでしょう。

しかし、個人輸入代行で購入すれば、1箱5000円ほどで購入できたます。圧倒手に費用を抑えることができるのです。まとめ買いをすれば、もっと安い値段で購入することもできます。

また、個人輸入代行サイトは、通販で購入するような感覚で買うことができ、注文した後は自宅に商品が届くのを待っているだけです。わざわざクリニックに出かけていったりする必要はありません。交通費もまったくかかりませんからとてもお得といえるでしょう。

クリニックだと12週間で治療の一区切りとなることが多いですが、輸入代行なら期間を気にする必要もありません。12週目以降もマイペースで治療を続けることができます。

チャンピックスを個人輸入代行サイトで買うデメリットは?

チャンピックスを個人輸入代行通販で購入すると、メリットはありますが、デメリットもあるということは認識しておくべきです。

まず、医薬品副作用被害救済制度は適用されません。日本国内で正規に流通している薬の場合は、健康被害が生じた場合、医薬品副作用被害救済制度により救済対象となります。しかし、個人輸入代行サービスで購入した医薬品では、救済対象にはならないので、薬の利用はすべて自己責任です。そのため、薬の用法・用量・安全性はしっかりと事前にチェックして服用しましょう。

また、偽物を掴まされる危険がつきまとうこともあります。個人輸入代行業者はたくさん存在しますが、中には悪徳業者も存在しています。偽物を送りつけてきたり、お金だけを入金させて蒸発してしまうようなとんでもない業者もいるのです。

そのような状況になっても、ほとんど泣き寝入りするしかないケースがほとんどです。信頼できる業者を利用しましょう。

チャンピックスの個人輸入で違法に当たるケースってなに?

海外の未承認薬を個人輸入代行業者で購入する場合は、違法に当たるケースがあります。個人輸入代行で海外の未承認の薬品の購入が認められるのは、基本的に個人での使用が目的の場合だけです。

輸入した薬を日本国内で転売したりするのは、薬機法違反になります。他にも色々と厳しい規制があるので、厚生労働省のホームページを確認しておきましょう。

例えば、能動的手続代行行為という違法となる行為があります。これは、輸入代行業者が未承認医薬品の商品リストを不特定多数の人に示して輸入の希望者を募るようなことのことを指します。

他にも、購入意欲を昂進させるような広告を打つことも法律違反になります。すなわち、アフィリエイトブログなどを作成して個人輸入代行サイトを宣伝するのは違法行為です。最悪、逮捕の可能性があるので、やめましょう。

個人輸入を自己の使用目的で利用する場合は合法です。しかし、他人に転売したり、購入意欲を昂進させたりする場合は、違法になります。